相続することができる借地権

誰かに土地を借りて、その土地の上に自分が所有する建物を建てる際に発生する権利を借地権といいます。土地を借りる借地権者と土地を貸す地主との間で借地権を設定することになります。土地は借りているものですが、建物は自分所有となるので、一般的な賃貸物件とは違い、壁に釘を打ったり、壁紙を貼り替えるなど自由に行うことができますし、リフォームを行うのも自由です。土地を借りるお金は必要になりますが、土地の固定資産税や都市計画税などの負担はなく、土地も利便性や立地条件の良い場所にあることが多いです。もちろんデメリットもあり、地代の負担が必要であり、土地は所有物ではないこと、更新時には更新料が必要な場合などがありますが、条件に合えば土地を購入するよりもメリットが大きい場合もあります。

相続そしてこの借地権、実は相続することができます。借地権を持った被相続人がなくなった場合は他の遺産と同じように相続の対象になります。新たに契約をする人が変わるのだから、土地の所有者と契約を結びなおす必要があるのではと思う人もいるでしょう。ですが、特別な遺贈でない借地権の相続の場合、新たにに借地契約を結ぶ必要はありませんし、地主の許可を必要としません。

遺産の相続と聞くと所有権のある土地の相続をイメージしがちですが、借地権の相続も同じようにできることから、借地権の相続はどのように行われ、相続した場合はどうすればよいのかなどを紹介させていただきます。借地権を相続した際に売却をする場合についても紹介しているので是非参考にしていただければ幸いです。

About the author

2018年7月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031