借地権を売却する

名義書き換え料一般的な相続の場合は地主の許可も必要とせず、新たな契約などを結ぶ必要がないのが借地権の相続ですが、相続した借地権を第三者に売却することは可能でしょうか。中には相続をさいたタイミングで売却を検討するという人もいるのではないでしょうか。相続した借地権の売却については、地主の許可があれば売却だけでなく譲渡も行うことができます

相続の際に地主に承諾を求める必要はなかったので第三者への売却も相談せずに行ってしまうと契約違反となり、場合によっては借地権の明け渡し請求を受ける可能性もあります。また借地権を売却する場合、地主の許可を得るだけではなく許可をもらう代わりに承諾料や名義書き換え料などを支払う必要があります。承諾料や名義書き換え料の金額は借地権価格の5から15%程度です。

また相続をした借地権については相続をする際には地主の承諾は必要ありませんが、相続をした場合は新しい相続人について地主に伝え、借地契約を相続人に書き換える必要があります。相続した借地権の売却、譲渡を検討する場合は、地主との間でさまざまなトラブルが発生することもあり、借地権の相続について専門的な知識のある不動産業者などに相談をすることで地主との交渉もスムーズに進みます。

About the author